化石燃料の使用からグローバル炭素(C)の排出量は9.795(または2014 GTCOに35.9のギガトン(GT)でした2 二酸化炭素の)。 化石燃料の排出量は、0.6年の排出量を2013%上回り、60年(京都議定書の基準年)の排出量を1990%上回りました。

国際通貨基金(IMF)による2015%の3.1 GDP予測に基づいて、グローバル・カーボン・プロジェクトは、世界の排出量の2015%以下の0.6の低下を投影します。

世界の年間炭素排出

2015グローバル炭素収支

      世界の排出量
 

 

合計

化石燃料
&セメント

土地の使用
変化する

  2014     9.795 GTC 〜0.9 GTC
 

2013

 

 

9.735 GTC  
 

2012

 

 

9.575 GTC  
 

2011

 

 

9.449 GTC  
 

2010

 

9.995 GTC

9.140 GTC 0.855 GTC
 

2009

 

9.567 GTC

8.700 GTC 0.867 GTC
 

2008

 

9.666 GTC

8.740 GTC 0.926 GTC
 

2007

 

9.472 GTC

8.532 GTC 0.940 GTC
 

2006

 

9.355 GTC

8.363 GTC 0.992 GTC

 原始データ  グローバル・カーボン・プロジェクト [.xlxs]

*炭素を二酸化炭素に変換(CO2)上記の数値に3.67を掛けます。
炭素の炭素の1のgigatonne(GTC)= 1億トン

 

ヒト供給源

 

(セメント製造を含む)化石燃料の排出量は、総COの約91%を占めました2 2014でヒト供給源からの排出量。 排出のこの部分は、石炭(42%)、油(33%)を、ガス(19%)を、セメント(6%)とガスフレア(1の%)に由来します。

土地利用の変化は、すべてのグローバルCOの約9%の原因であります2 排出量。

2013では、2013で地球全体の排出量の純成長に国内最大の貢献は、中国(成長の58%)、米国(成長の20%)、インド(成長の17%)、およびEU28(減少しました成長の11%)によります。

 

ナチュラルシンク

 

2005から2014までの10年間、約44% CO2 大気中に蓄積された排出、海洋中の26%、および陸上の30%。

 

累積Emisions

 

1870年から2014年まで、累積炭素排出量は合計で約545GtCでした。 排出量は、大気(約230 GtCまたは42%)、海洋(約155 GtCまたは28%)、および陸地(約160 GtCまたは29%)に分割されました。

 

大気蓄積

 

2014レベル CO2 大気圏では、43で産業革命が始まったときのレベルを1750%上回っていました。 

 

Links

 

GCP  2015世界の炭素予算のハイライト(コンパクト)

CDIAC  グローバル・カーボン・プロジェクトのためのデータ(すべての年) [2015 .xlxs]

CDIAC  データ:グローバル CO2 排出量1751-2011 [ファイル] [他には?]

ESSD  関連記事とリンク

ESSD  ルQuéréら。 | グローバルカーボン予算2015 [PDFファイル]

CO2 コンテキストで フォーリー、2020:3つの最も重要な気候グラフ [ウェブ]

 

 

CO2 過去。  CO2 存在。  CO2 未来。